チュベローズで待ってる

    • 3.1.18

      ジレンマに心痛めるすべての加藤シゲアキファンへ

      私は『チュベローズで待ってる』を、ただの〈小説〉として購入したのではない。明確に、〈大好きなアイドルの加藤シゲアキが書いた小説〉として購入した。私のような加藤シゲアキファンは少なくないだろう。そういうファンにとって、〈シゲアキのクラウド〉のダイレクトなメッセージは堪えたはずだ。ジャニーズ初の小説家、加藤シゲアキを愛する私たちが抱える、ジレンマを考える。