菜食主義

  • ヴィーガンから生まれた多様性。 激ウマ・ヴィーガン料理〈SUNPEDAL〉

    2019年12月26日。SUNPEDALの取材の際、はじめてYOKOさんがつくったヴィーガン料理を口にした。あれから1ヶ月。正直いうと中毒症状が出ている。しかし、ケータリングを頼む仕事の機会をつくらない限り食べられないのがもどかしい。

  • ホタテはヴィーガンなのか?

    二枚貝は植物か、それとも動物か? その答えはいまだに明らかになっていない。

  • SHOOT TO EAT - 狩猟とマクロビオティック -

    お肉だけは、完全なオーガニックミートと謳っているお店が無かったんですね。では、どう付き合おうか。「あ、獲りに行こう」と。

  • 今 ストレート・エッジである理由

    20世紀におけるさまざまな音楽的、社会的ムーヴメントは、向精神薬の摂取がつきものだった。しかし、〈ストレート・エッジ〉は別だ。コカイン、ヘロインの濫用、アルコール、ニコチンの過剰摂取を忌み嫌ったムーブメントだ。現在でも熱心に禁欲生活を続ける面々がいる。彼らの原動力は、一体何なのか。

  • コカインはヴィーガンか?

    この問いは、SNSやネット上のフォーラムやで長年論じられてきた。ヴィーガンのコカイン使用者は、決まって〈ある主張〉を持ち出すが、そのいっぽうで反証も山ほど挙がっている。ヴィーガンの人たち、研究家、そしてCRO-MAGSのジョン・ジョセフらに話を訊いた。

  • ハレー・クリシュナの名を冠したヨガ合宿で ヴィーガン料理を学ぶ

    ブエノスアイレスにあるヨガ合宿を予約。現地に到着したら、そこは現地のハレー・クリシュナ教団が運営している施設であった。野良犬軍団と教団のスタッフに迎えられた私は、ヨガでなく重労働に従事させられた。

Advertisement
  • 滅びつつあるルーマニアの豚ばらし

    毎年、クリスマス前になると私の祖父母は豚を解体した。私の記憶では、田舎の拷問部屋のような小屋の中で、ふたりはバーナー、包丁数丁、針金を、豚の隣にきちんと並べ、解体の準備をしたものだった。豚の下には血を受ける藁を敷き、祖父母のどちらかが包丁で喉を掻き切るあいだ、私は縛られた豚の足を持って押さえていた。

  • ジョン・ジョセフ(CRO-MAGS) が説く健康生活

    ハードコアシーンの重鎮CRO-MAGSのフロントマンが、数々の修羅場をくぐり抜けた果てに、健康生活を説く。「自らに負けてはならない。心に鞭打って、目を覚まし、きちんと栄養を摂って、トレーニングを続けろ」。来日直前のジョン・ジョセフがカマした、2015年の年頭所感を紹介。

  • 第2波フェミニズムから続く アンチカロリー計算レストラン

    セルマ・ミリアムは、自身が主宰する女性グループのための「場」を開いた。モデルにしやすい形態はブックストアだったが、セルマは料理も好きだったので、そこにレストランも加えた。1977年、コネチカット州のブリッジポートに「ブラッドルート・レストランとフェミニスト・ブックストア」をオープンした。

  • 心の平穏と健康を導く串刺し儀式

    毎年、東南アジア全域で、陰暦9月に開催される九皇大帝祭は、道教の教えに基づく9日間の祭祀だ。タイのプーケットでは、〈テサガン・キンジェー〉もしくは〈菜食週間〉として尊ばれている。

  • ラスタファリアンの オーガニックなライフスタイル

    革命を起こさなければならない。 アイタル農業経営者とシェフたちは、絶えず、オーガニックで健康的で、認証済みの食材だけで料理する努力を怠らない。少なくともキングストンでは、意識が変わり始めている実感がある。 彼らが諦めないか否かは、誰にもわからない。 「私はこれからも常にアイタル料理を続ける」とチャーリー氏は笑う。 「それがラスタ・ライフだ」