女性蔑視

    • 12.18.18

      韓国に蔓延する疫病 盗撮ポルノ

      公共の場を取り戻そうと闘う韓国の女性たち。

    • 5.21.18

      缶バッジが抑止する痴漢被害

      缶バッジひとつで、世の中は変わるだろうか? これらの缶バッジは、一見すると可愛らしいデザインの、よくあるおしゃれアイテムだが、この缶バッジに願いを託し、痴漢被害を本気でなくそうとしている大人がいる。〈痴漢抑止バッジ〉と名付けられたこのバッジは、どのように痴漢被害を抑止し、世の中を変えるのだろうか?

    • 4.24.18

      口を噤むハリウッドの男たち

      ジェームズ・フランコ、ユアン・マクレガー、アジズ・アンサリ、サム・ロックウェルは受賞者として壇上にあがったにも関わらずこの話題を避け、批判の的になった。「男同士の〈連帯感〉にはもううんざり。お願いだから声をあげて」と懇願する記事も掲載された。ツイッターには、影響力を持つ男性こそ〈性差別反対〉と声をあげるべきだ、という怒りの声があふれた。

    • 3.25.18

      ヒジャブを手に自由を叫ぶイラン人女性たち

      2017年5月、米国を拠点に活動するジャーナリストのマシ・アリネジャド氏は、〈White Wednesdays〉という抗議活動をはじめた。ヒジャブ着用を義務付ける法律に反対した女性たちが、白いヘッドスカーフを被り、またはそれを手に、毎週水曜日に集うのだ。抗議活動は1年ほど続いたが、ここ数ヶ月で事態は急展開を迎えた。

    • 2.11.18

      圧倒的破壊兵器としての〈性暴力〉

      女性や少女に対する性暴力は、現在、各地の紛争で兵器として利用されている。その中には、南スーダン、ミャンマー、コンゴ民主共和国での紛争も含まれるが、それらは、一例に過ぎない。

    • 2.1.18

      性差別的広告のパトロールに密着

      パリの匿名アクティビスト集団〈ブリガード・アンチセクシスト(Brigade Antisexiste)〉は、月1回のペースで活動している。その内容は、ステッカーと油性ペンを手にパリを歩き回り、公共の場に掲げられた性差別的広告への異議申し立てだ。

  • Advertisement