Bruno Bayley

Bruno Bayley

  • 戦わない写真が語るアフガニスタンの40年

    スティーヴ・マッカリーは、アフガニスタンで40年近く写真を撮り続けている。ソ連の侵攻に抵抗するムジャヒディンの姿を捉えた彼は、ソ連が撤退し、ニュースが関心を失っても、アフガニスタン残留を選んだ数少ないカメラマンのひとりだ。そして破壊や危険と結びつけられがちなアフガニスタンの、思いやりと愛情に満ちたポートレートをつくりあげた。

  • パレスチナとイスラエルの 歴史が生んだ〈不在〉と〈現在〉

    『Time and Remains of Palestine』が扱うのは緊迫した政治的テーマにもかかわらず、美しく、不気味で、慎ましいパレスチナの過去と、ヨルダン川西岸地区の不安定な現在を撮しだしている。1948年の〈ナクバ〉を表現するために、写真家、ジェームス・モリスは、どれだけの労力を費やしたのだろうか。