Kentaro Takaoka

  • インターネットヤミ市:ニューヨーク編をレポート

    日々触れるネット的な感性にフェティシズムを憶える人々は、データのやりとりだけのヴァーチャルでは飽き足らず、リアルで作品をつくり、現実にネット感を表出させるようになった。そういった市場に流通していない、見たことのない作品を売買するフリーマーケットが定期的に開催されている。