LGBT+

Advertisement
  • 教育現場がみつめる〈当事者〉 性的少数者の人権課題への取り組み

    性別に関係なく、制服を選択できる千葉県の市立中学校、トランスジェンダー学生の受け入れを発表したお茶の水女子大学など、性的少数者の人権課題に取り組む学校が徐々に増えている。教育現場で〈当事者〉をみつめる、埼玉県川口市立東中学校の安部正幸校長は、性的少数者の人権課題とどのように向き合おうとしているのだろうか。

  • 16歳のジェンダー・アンバサダー

    イギリスのブリストルには、ティーンエイジャーたちが学校で直面する性差別やホモフォビア(同性愛嫌悪)に立ち向かうためにトレーニングする〈高校生ジェンダーアンバサダー・プログラム〉がある。その制度を通じて任命された第1期のアンバサダーが16歳のローズ・ブランチャードだ。

  • LGBTQのアート集団による挑戦的で大胆な〈ヴォーギング〉

    ニュージーランド・オークランドのLGBTQのアート集団〈FAF SWAG〉は、開かれた包括的な空間を求めている。その姿勢をカタチにしたのが挑戦的で大胆な〈ヴォーギング〉だ。ヴォーギングは1980年代のハーレムで、マイノリティーとして肩身の狭い思いをしていた黒人やラテン系のコミュニティで発展したダンススタイルである。

  • 同性愛者であり キリスト教徒であり

    ひとつの宗派しか知らない信徒の大勢は、いわれたことを真理だと信じる。そんな状況は、同性愛者にとって実に有害だ。私は、宗教環境で苦しむたくさんのLGBTを知っている。それが原因のメンタルヘルス問題は、一生続くのだ。

  • 同性愛者と知らず結婚した女性たち

    中国の男性同性愛者の8割は、家族と社会からのプレッシャーにより、異性愛者女性と伝統的な婚姻関係を結ぶという。知らぬうちに偽装結婚をし、挙式のあとに初めてパートナーのセクシュアリティを知る女性。その〈同妻〉と呼ばれる女性と、男性同性愛者の結婚生活の実態とは。

  • 〈Bushwig〉NY最大規模のドラァグクイーン・フェス

    年1回開催されるドラァグクイーン・フェス〈Bushwig〉。6年目を迎えた今年はソールドアウト。大盛況のうちに幕を閉じた。写真家マロ・ハゴピアン(Maro Hagopian)がとらえた、美しく過激な面々を紹介する。