Bound to the Ground

Bound to the Ground
  • チェルノブイリ、放射能汚染区域で暮らす人々

    1986年、チェルノブイリ原子力発電所で、電力サージによる原子炉爆発が起きた。30年経った今でも、この周辺は立ち入り禁止区域となっている。しかし、かつて、暮らしていた140名ほどの住民が、政府の勧告を無視し、この地で再び暮らしている。原子力発電所で働く労働者も含めて、写真家、エステル・ヘッセンが捉えたものとは?

Advertisement