baise-moi

  • ヴィルジニー・デパントが語る 然るべき女性の視点

    著作家、映画監督でラディカル・フェミニスト。著作、映画を問わず、過剰なまでの性と暴力描写により、作品に対する評価は賞賛と非難の両極端に分かれる。その過激さにより、男性の女性嫌悪、女性同士の友情、女性からの視点、といった要素が見逃されがちなのが惜しまれる。

Advertisement