Noisey Bompton

  • ケンドリック・ラマーが語る、フッドへの想い

    アルバム『To Pimp a Butterfly』発売後にコンプトンで取材したインタビューから読み解く、時代の寵児ーケンドリックが考えるローカル・コミュニティとは。

  • noisey Bompton 犯罪都市コンプトン・ヒップホップ・シーンの現在 ①

    LAギャングのブラッズは、なんでも頭文字を「B」に替え、「コンプトン(Compton)」を「ボンプトン(Bompton)」と呼ぶ。そんな現在の「ボンプトン」ヒップホップ・シーンを牽引しているのが、ケンドリック・ラマー。彼を中心に、現在の「ボンプトン」を探るシリーズ、noisey Bompton。

Advertisement