rock

  • 踊ってばかりの国、下津光史は今日も希望を歌う:interview

    5人組サイケデリックロックバンド、踊ってばかりの国。そのフロントマン、下津光史の歌声は何故こんなにも真っ直ぐ響くのだろう。混沌とした時代に光り輝く生粋のロックアーティストの魅力を探るべく話を聞いた。

  • THE SPIDERS FROM MARS 最後の生存メンバーが語るデヴィッド・ボウイ

    70年代初頭。ヒッピー・ムーブメントは終わり、グラムロックがシーンを賑わせていた。メイクを施し、風変わりな衣装を身につけたミュージシャンたちは、ドラマチックな世界観に基づいたコンサートでスターになり切り、アーティスティックなサウンドを生み出していた。ボウイは退廃、エンターテインメント、反逆を結びつけたグラムロックの先駆者であった。

  • 伝説の音楽雑誌『CREEM』の軌跡

    80年代ワシントンD.C.のパンクシーンを追った『Salad Days: A Decade of Punk in Washington DC 1980-90』に続いて、スコット・クロフォード監督が新作を製作中。伝説の音楽雑誌『CREEM』をテーマとしたドキュメンタリーだ。

Advertisement