DNA

  • 精子ロボットによる新たながん治療法

    ドイツ、ドレスデン・ライプニッツ固体・加工材料研究所の研究者たちは、精子の働きを活かした新たながん治療法を研究している。『ACS Nano』の2017年12月号に掲載された論文によると、精子は、子宮頸がんをはじめとする、婦人科疾患の治療に役立つ可能性があるという。

  • カップルはなぜか似る傾向にある

    英国・バース大学の心理学教授アンソニー・リトル博士は、顔認知、配偶者選択、社会的認知の専門家だ。彼は、〈同類交配〉説、すなわち、カップルはなぜか似る傾向にある、という説を裏付ける数多の証拠があるという。

  • 可愛らしいブルドッグの可哀想な現実

    「ブルドッグが現在の姿に至るまでには何十年、何百年もの時間を経ています。それは、過去の姿に戻すためにもかなりの時間がかかる、という意味でもあります」

Advertisement