Music

Music

ENDONがそれでも〈バンド〉である理由

要素分解すると浮かび上がるのは、明らかに歪な経路を辿るチャート。かつてなく〈ロックバンド〉の体裁でありながら、ハイコンテクストに〈ノイズ〉でしかない存在感は、ENDONならではのエクストリーム。
Chifumi Kubota
11.2.18
Music

THE BANDMEN - Sound of Sapporo-

己の欲求のまま、真摯に音と向き合う札幌のメン。彼らの音楽探求の旅に終わりはない。
VICE Japan
10.24.18
Music

福岡から世界のインターネット・コレクティブへ〈YesterdayOnceMore〉

2013年にスタートした福岡のインターネット・レーベル〈YesterdayOnceMore〉。現在では、世界を股にかけてビートを連射しまくる大注目レーベルに成長した。しかし、主宰者のshiggeは、その現状にまったく満足していない。常に〈コレクティブ〉と共に、新しい音楽、新しい未来、そして新しい自分たちの場所に向かって、ビートを奏で続けている。
VICE Japan
8.10.18
Music

レコード屋の言葉:第6回 〈月光社〉

「しかし、まぁ、ウチはなにもやっていませんねぇ(笑)。行動力がない」
VICE Japan
7.25.18
Music

完全復活 THE BLACK EYED PEASの新曲ビデオ プレミア公開

2018年7月11日(現地時間7月10日)。THE BLACK EYED PEASは、新曲〈Get It〉をNoiseyでプレミア公開した。〈Pulse Films〉のベン・モーが監督を務めたこの映像は、暴力的な警察の残忍さを描き、こんにちの米国、ひいては世界の現実、さらに、そこで生きる意味を知ることが私たちにとって、いかに重要かを物語っている。
VICE Japan
7.13.18
Music

レコード屋の言葉:第5回 〈音のヨーロー堂〉

「ご高齢になって、あまり外出することがなくなっていた方々が、演歌男子によって、みんな乙女に戻ったんです。“ 私も化粧して、着飾って、アイドルを応援していいんだ。もう1回、青春しよう!”って」
VICE Japan
6.29.18
Music

平成最後のロックの日に開催されたアイドルたちのデモ

平成30年6月9日、平成最後のロックの日に、アイドルたちによるデモが開催された。アイドルとファンが原宿〜表参道の街を練り歩き、デモ行進終了後には打ち上げまであるという。集団示威運動とライブイベントの狭間にあるような今回の行進を、主宰した運営陣はどのように実現し、〈デモ〉をどのように捉えているのだろうか。
Kin Obuchi
6.21.18
Music

グラインド母ちゃんの想い出

そろそろお母さまが恋しくなってきた。そこで、2017年の想い出と共に、あの楽しかった日々を振り返ってみよう。猫カフェでニャーしたお母さまを懐かしもう。そしていつの日か、グラインド親子に再会できますように。ふたりのアイドルであるMELT-BANANA、そしてBABYMETALと共演できますように。
VICE Japan
6.5.18
Music

レコード屋の言葉:第4回 〈だるまや〉

「中古レコード業界は、インターネットで確実に変わりました」
VICE Japan
5.29.18
Music

グレン・ブランカ逝去 享年69歳

ニューヨークの音楽家、グレン・ブランカ(Glenn Branca)が、咽喉癌が原因で5月13日に逝去した。享年69歳。
VICE Japan
5.15.18
Music

MY STYLEを貫き通す〈TENG GANG STARR〉

〈TENG GANG STARR〉は、kamuiとなかむらみなみによるヒップホップユニット。『AKIRA』や『ブレードランナー』を思わせる近未来的な世界観と、リリックで描かれる、ふたりの生い立ちに惹き付けられた。YouTubeなどで楽曲を聴くことができるが、彼ら自身に纏わる情報はほとんどネット上にはない。そんな正体不明の〈TENG GANG STARR〉の魅力に迫る。
Reiko Touyama
4.27.18
Music

セックス抜きでプリンスは語れない

プリンスのディスコグラフィさえあれば、学校で、保健の先生が〈フィストファック〉についてしどろもどろに説明する必要もない。プリンスの普遍的なエロティシズムは、あらゆる二元論を軽々と超えている。プリンスが優しくも獰猛に性を歌うと、ジェンダーも性的指向も霧散する。
Emma Garland
4.26.18