Sports

  • マイケル・ジョーダンの目はなぜ黄ばんでいる?

    『マイケル・ジョーダン: ラストダンス』で、彼の目が黄ばんでいることに視聴者から心配の声が上がっている。眼科医にその原因を訊いた。

  • ラグビーW杯日本代表通訳が語る大躍進の裏に隠された知られざる物語

    2019年9月、日本で開催されたラグビーW杯。日本代表ブレイブ・ブロッサムズの通訳は、なんとデスメタルバンドのボーカル、佐藤秀典氏だった。今年の流行語大賞まで受賞した〈ONE TEAM〉は、どのようにして生まれたのか? とてつもない重圧のなか、日本代表はどう戦い抜いたのか。まだまだ熱気冷めやらぬ、W杯の舞台裏を聞いた。

  • カンフーマスターに10の質問

    「僧侶たちはとても厳しい修行を積んでいるので、ペニスで車を引っ張れるんです」

  • ロシアW杯 日本戦の日は 渋谷に近付かないようにしたい

    6月19日(火)渋谷は、W杯日本初戦で熱気を帯びていた。数百人の警察官が渋谷に配置され、警察車両の赤色灯があちこちで点滅している。日本が初戦を勝利で飾り、熱狂するサポーターたちの姿をフォトレポートでお届けする。

  • 世界一おバカなスポーツ〈ビアポン〉

    カップの中にピンポン玉を投げ入れる競技〈ビアポン〉。もともと〈ビアポン〉は米国の学生たちのあいだで、ビールを飲みながら親しまれていたが、スポーツとしての側面が世界中に広まった。現在は世界各地にビアポン協会が立ち上げられ、日本でも大会が開催されている。今回は日本ビアポン協会が主催する、ビアポンスプリングカップ2018に参加した。

  • 職業、度胸試し。世界一過酷な格闘技と生きる〈ラウェイファイター〉

    2018年2月21日、ラウェイファイター渡慶次幸平は後楽園ホールにいた2月21日の「ラウェイ in ジャパン 7 勇気〜YUKI〜」の大会後半戦は、3対3の「日本対ミャンマーラウェイ3本勝負」と銘打たれていた。後楽園ホールは、ほぼ満員の客入りだ。

Advertisement
  • 世界で一番過激な格闘技 ラウェイの世界

    〈地上最も過激な格闘技〉の世界へようこそ。これは『ファイトクラブ』でもなければ『グラップラー刃牙』のハナシでもない。2018年2月21日、東京後楽園ホールで行われていた格闘技の試合である。その名はLethwei〈ラウェイ〉。

  • 野球を続けたい男たち〈ルートインBCリーグ〉トライアウト

    ルートインBCリーグは、日本の独立野球リーグのひとつ。〈BC〉とは、〈ベースボール・チャレンジ〉の頭文字だ。2018年2月11日、千葉ロッテ・マリーンズ浦和球場。まさしく野球にチャレンジする男たちが集まった。ルートインBCリーグの入団テスト〈トライアウト〉に挑む男たちだ。

  • サッカーとナパーム・デス

    元サッカー選手、カルレス・プジョルがNAPALM DEATHのファンだと知って驚いた。QUEENやEMINEMではなく、NAPALM DEATHを聴いているというのが意外だと思ったのだ。しかし、プジョルについて調べていると、彼のプレースタイルにNAPALM DEATHの音楽が影響を及ぼしている気がしてきた。

  • チアリーダーのプロテスト

    2016年のNFLプレシーズン・ゲーム。サンフランシスコ49ersの元QB、コリン・キャパニックが、国歌斉唱時に起立せず、ベンチに座ったままで抗議の意志を表明。彼は、有色人種に対する警察の暴力が看過されていることに異議を唱えていた。あれから1年が経ったが、いまだに彼のメッセージは無視され続けている。

  • 悪口雑言にも勝利した女性初のボクシング世界チャンピオン

    イギリスの片田舎で育ったバーバラ・バトリックは、身長150センチ足らずの小柄な女子。しかし幼い頃から男子と戦いごっこをしたり、サッカーをしたり、わんぱく三昧の日々を送っていた。そして13歳。彼女に運命の出会いが訪れる。ボクシングとの出会い。小さな村から生まれた、小さな世界チャンピオンが、その軌跡を振り返る。

  • 産後復帰を目指す女性アスリートの現状

    女性アスリートは、現役復帰という厳しいタスクを身体に課した後、産後に職場復帰する女性と同じく、社会からの期待、水準の低い産休、育休制度などの問題に直面する。しかし、そんな負担を抱えながらも競技復帰して卓越した力を発揮できることを女性選手たちは再三にわたって証明してきた。