FYI.

This story is over 5 years old.

アレッポの生霊① シリア反体制派の素顔 

ダーイッシュ(自称イスラム国)がメディアを賑わせるせいか、ムスリム=テロリスト、という観念図式が着々とわれわれのあいだに浸透しつつある。ダーイッシュでもアサドの犬でもない、シリア反体制派の日常を紹介したい。
5.2.15

ダーイッシュ(自称イスラム国)がメディアを賑わせるせいか、ムスリム=テロリスト、という観念図式が着々とわれわれのあいだに浸透しつつある。
様々なムスリム組織、団体がダーイッシュを否定するも、日々われわれの目に飛び込んでくるダーイッシュの蛮行により、彼らの声明はどこかに追いやられてしまう。そんな状況に抗うべく、ダーイッシュでもアサドの犬でもない、シリア反体制派の日常を紹介したい。

ダーイッシュや世界中に散らばる過激派武装集団と、映像中に登場するムスリムの信仰心が全く異なるのは一目瞭然だ。今の中東を理解するために、わかるはずのないイスラムの教えを求めて、便所紙にもならないような『猿でもわかるイスラム教入門』『30秒でわかる中東情勢』などといった駄本のページを捲る必要はない。映像中に登場する気さくなムスリムたちをご覧いただければ、まずムスリムに対する偏見も、少し解れるはずだ。ジェニファー・ロペス、もとい、アンジェリーナ・ジョリーを愛して止まないムスリムならば、われわれ平和ボケした日本人でも仲良くできるかもしれない。

日本がいつの日か、居心地の良い最高の平和ボケ大国になるよう、まず、偏見から生まれる憎悪の芽を刈り取りましょう。