Facebook

  • 人生を取り戻す〈フィンスタグラム〉のススメ

    信頼している友人だけに公開するフェイクのサブアカウントで、すべてが過度に演出されたSNS時代の落とし穴を避ける。

  • メッセージの頻繁なやり取りはどこから〈浮気〉になる?

    自分に恋愛感情を抱いているかもしれない〈親友〉と、性的な内容を含まないとはいえ親密なメッセージを頻繁にやり取りしているとしたら。そして、それを自分のパートナーに告げていないとしたら。それは倫理にもとる行為なのだろうか?

  • 数回しか会ってないのに いつまでもあの人のことばかり考えてしまう

    その理由は、新しい恋愛があなたの脳の働きを変えてしまうから。

  • 代行サービスを利用した〈リア充アピール〉

    〈リア充アピール代行〉はファミリーロマンス社が提供する、多様な代行サービスのうちのひとつ。SNSでたくさんの〈いいね!〉を獲得するために、SNS映えする写真や、友人たちと楽しそうにしている写真を撮る手助けをしてくれる。実際に〈リア充アピール代行〉を利用した、誕生日パーティーを開催した。

  • 元カレ元カノのSNSを見ないようにする方法

    人間関係の専門家、デート・コーチやセラピストなどのプロに訊き、その答えをまとめた。

  • Tinderで出会った他人との濃密なポートレート

    24歳の写真家マリー・ヒルドは、超表層的な特性のSNSが、実生活での他人とのかかわり方にも影響している、と信じている。その明白な例は、デート文化の進化の仕方だ。そこから着想を得たのがヒルドの新しいアートプロジェクト〈Lifecontruction〉。彼女がTinderで出会った他人と撮影した、親密なポートレート・シリーズだ。

Advertisement
  • 投稿数及びシェア数とストレスは比例する

    つらいときに友人や仲間を頼るのは健全だ。ソーシャルメディアを使えば、誰でも簡単にヘルプを求められる。米国ピュー・リサーチセンターの発表によると、Facebookユーザーは、非利用者に比べ、社会的支援や感情面でのサポートを受けやすく、他人との交流をより深められるという

  • 〈パラダイス文書〉について知っておくべきこと

    パナマ文書を公にした国際調査報道ジャーナリスト連合が、〈パラダイス文書(Paradise Papers)〉を公開した。同文書は、富裕層、政治家はじめ、何らかを隠蔽しようとする権力者が秘密裏にビジネスを展開するためのタックス・ヘイブンとして知られる〈オフショア金融〉という闇の世界を覆うベールを剥がす可能性のある最新の情報だ。

  • 金正男暗殺とFacebookの関係

    2017年2月13日にマレーシアのクアラルンプール空港にて殺害された金正男(キム・ジョンナム)は、Facebookの個人アカウントを開設していた。そこに残された写真や投稿から、今回の事件を専門家が考察する。

  • 打倒Facebook、広告やユーザデータ利用なしの新興SNS「Ello」

    「アンチFacebook」「広告・ユーザデータ利用なし」を謳い話題となっている新興SNS、Elloに迫る。