グルメ

  • SOUL FOOD 神に満腹を許された復活大祭ギリシャ・ディナー

    ギリシャ人は、伝統的な復活大祭特別ディナーを楽しむ。ラムの丸焼き、ツレキという甘いねじれパン、ギリシャ版ドーナッツのルクマデス、そしてクルーリ、マギリッツア、ムストクルーラ、マスティック…。40日間の節食期間のあとであるから、神はたらふく食べることを許された。

  • SOUL FOOD: ハラールとは神が認めたグルメ

    ハラールとは、イスラム法上でのすべての基準を満たした処理方法によって、ハラール認証を受けた食材や料理のことである。ムスリムにとって、ハラール以外の食品を口にすることは神の教えに背く行為。ここ最近日本でも、ハラール・レストランや食材店、大学の学食などでも目にすることが増えてきた。

  • 西アフリカの丸焼「スモーキー」は本当に不衛生なのか

    「スモーキー」は、高齢で死亡した羊や山羊を剃毛した後、内臓はそのままに表面のみをバーナーで丸焼きにする、西アフリカの伝統料理。調理法によっては、燻製の風味を楽しむことができる。しかし、英国では、アフリカ系移民が多いにもかかわらず、その製造、販売が禁止されている。

  • オーガニックとフェアトレードとは 調味料のこと?

    チョコレートがフェアトレードか、あるいはりんごジュースがオーガニックか否かは、栄養、品質、味の優劣には全く関係ない。しかし、より倫理的正しさをアピールするラベルを貼ることで、美味しさにたいする消費者の期待が高まる、と研究は伝えている。

  • ラスタファリアンの オーガニックなライフスタイル

    革命を起こさなければならない。 アイタル農業経営者とシェフたちは、絶えず、オーガニックで健康的で、認証済みの食材だけで料理する努力を怠らない。少なくともキングストンでは、意識が変わり始めている実感がある。 彼らが諦めないか否かは、誰にもわからない。 「私はこれからも常にアイタル料理を続ける」とチャーリー氏は笑う。 「それがラスタ・ライフだ」

  • オレゴン飯ガイド(Part 5:最終回): オレゴンから d. 愛. y.

    消費税がない、ビールの醸造がさかん、コーヒーにうるさい、食材が豊富、エコ・シティ…、魅力を挙げればキリがない、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド。ポートランドかぶれ卒業を目指して「こだわり」を学ぶための、オレゴン・ガイド全5回。

Advertisement
  • オレゴン飯ガイド(Part 4):水辺を食らう

    消費税がない、ビールの醸造がさかん、コーヒーにうるさい、食材が豊富、エコ・シティ…、魅力を挙げればキリがない、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド。ポートランドかぶれ卒業を目指して「こだわり」を学ぶための、オレゴン・ガイド全5回。

  • オレゴン飯ガイド(Part 3):こだわりのワイン

    消費税がない、ビールの醸造がさかん、コーヒーにうるさい、食材が豊富、エコ・シティ…、魅力を挙げればキリがない、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド。ポートランドかぶれ卒業を目指して「こだわり」を学ぶための、オレゴン・ガイド全5回。

  • オレゴン飯ガイド (Part 2) :上級者編 

    消費税がない、ビールの醸造がさかん、コーヒーにうるさい、食材が豊富、エコ・シティ…、魅力を挙げればキリがない、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド。ポートランドかぶれ卒業を目指して「こだわり」を学ぶための、オレゴン・ガイド全5回。

  • オレゴン飯ガイド (Part 1) :ポートランドでオレ飯

    消費税がない、ビールの醸造がさかん、コーヒーにうるさい、食材が豊富、エコ・シティ…、魅力を挙げればキリがない、アメリカ合衆国オレゴン州ポートランド。ポートランドかぶれ卒業を目指して「こだわり」を学ぶための、オレゴン・ガイド全5回。