オンラインゲーム依存症

  • 19歳のインド人青年が『PUBG』のやりすぎで脳卒中に

    ゲーム依存によって脳血栓、急激な体重減少、脱水症状を引き起こした青年が、病院に搬送された。

  • 16歳のインド人少年、ゲームのやりすぎで死亡

    人気バトルロイヤルゲーム『PUBG』を6時間ぶっ通しでプレイした少年が、心不全で死亡した。

  • ゲーム依存がゲーマーに与える悪影響

    過労死、社会的孤立、育児放棄。世界中でゲームへの依存が様々な問題を引き起こしている。ドラッグ、アルコールなどが原因の薬物依存症とも異なるゲーム依存は、明確な定義も確立されておらず、決定的な治療法も確立されていない。過剰なゲーム・プレイがゲーマーの精神衛生に与える悪影響は由々しき問題だ。

  • eスポーツ② オンラインゲーム依存症の実態

    高橋名人から30年。ゲーム界は進歩して、進化して、とんでもないことになっている。もはやゲームではなくスポーツ。「eスポーツ」だ。たくさんの観衆に囲まれた巨大なスタジアムにて試合を行ない、その賞金総額は数億円。凄まじい重圧の中で闘い続ける選手を中心に、eスポーツの世界を探る。シリーズ第二回。

Advertisement