Kendrick Lamar

movie

ヒップホップ的カンフー映画の聖典

ヒップホップとカンフー映画には、本質的に共通点が多い。そして、スターになるのはどちらにおいても絶対的な頂点に到達した人間だ。ヒップホップなら、言葉を意のままに操るヤング・サグ。カンフーなら、有り得ない身のこなしのブルース・リー。というわけで、全ヒップホップ・ファンが観るべきカンフー映画リストをお届け。
Drew Millard
10.31.17
Music

noisey Bompton 犯罪都市コンプトン・ヒップホップ・シーンの現在 ①

LAギャングのブラッズは、なんでも頭文字を「B」に替え、「コンプトン(Compton)」を「ボンプトン(Bompton)」と呼ぶ。そんな現在の「ボンプトン」ヒップホップ・シーンを牽引しているのが、ケンドリック・ラマー。彼を中心に、現在の「ボンプトン」を探るシリーズ、noisey Bompton。
VICE Japan
4.6.16
Music

ジョージ・クリントン この男 ファンク

2014年に、ファンカデリック名義で33年ぶり、33曲収録のアルバム『First Ya Gotta Shake the Gate』を発表したジョージ・クリントン(George Clinton)。そんなジョージ・クリントンとは宗教である。「そんなことない」なんてほざけば、それは冒涜だ。
Brian Josephs
1.26.16
Music

ファンなら納得?現代最高のリリシスト、ケンドリック・ラマーのルーツを辿る

第56回グラミー賞では7部門にノミネートされるなど、現代最高のラッパー/リリシストとして評価の高いケンドリック・ラマーが、カリフォルニア州の地元コンプトンや、自身が「ヒーロー」と崇めるドクター・ドレーとの仕事について述懐する。
VICE Japan
8.20.14