Photo

Photo

ロンドンの違法レイヴをとらえる写真家クレア・マッキンタイア

違法レイヴシーンを追う写真家が、イーストロンドンの会場で出会ったパーティ仲間について語る。
Nana Baah
9.11.19
Photo

家ごと真空パックに挑む奇想天外な写真家! PHOTOGRAPHERHALの続・インタビュー

布団圧縮袋に人間を収納し、掃除機で空気を抜き取っていく。緊張感が張り詰める現場。息苦しさと恐怖、そして圧縮され物理的にも顔や皮膚が歪んでいく。撮影時間は、わずか10秒。それ以上は被写体の命が危ない。そんな作品を手掛けてきたフォトグラファーハルが、今度は家族とその家族の家やゆかりの場所までも真空パックした作品を制作している。この世にも奇妙な作品は、どのようなコンセプトのもと制作され、見るものをどう揺さぶるのか?フォトグラファーハルの新作についてのインタビュー。
Yuichi Abiko
7.28.19
Photo

労働時間は週60時間超 日本のサラリーマンの現実を切り取るポーランド人写真家

疲れ果てて地面に転がるサラリーマンは、日本ではもはや当たり前の光景になっている。そんな彼らを撮り続けた写真家パヴェウ・ヤシュチュクは、この〈当たり前〉に改めて疑問を投げかける。
Laura Woods
7.21.19
Photo

自らの女性性を定義する女性たちのポートレート

インドネシアにおける母娘の関係やジェンダー・ステレオタイプを提示する写真家、ナディア・ロンパスとの対話。
Alice .
2.1.19
Photo

大混乱の渋谷でハロウィンを楽しむ仮装者たち

「毎年、埼玉から渋谷に来ています。ハロウィンの仮装は恒例行事ですよ。やっぱり、全然知らない人と話したり、写真を撮れるのが楽しいです」
kuwa kuwat
11.5.18
Photo

1970年代のパリのトランスコミュニティを撮らえた貴重な写真

パリ北部のナイトライフの聖地、ピガール。1978年に写真家、ジェーン・エヴリン・アトウッドが撮影したピガールのトランスコミュニティ。
Louis Dabir
10.12.18
Photo

〈愛〉について。アレック・ソスが語りかける写真表現

〈愛〉とはなんですか?写真集『NIAGARA』の復刊に伴い、アレック・ソスが問いかける現代社会における〈愛〉のカタチについて、改めてインタビューを敢行。写真という言葉を発しないメディアを用いて、観るものの内に何を呼び起こすのだろうか?
VICE Japan
9.27.18
Photo

ヤクザ、女装、歌舞伎町…。 星玄人が描き撮る〈人間の血〉と〈街の血気〉

ヤクザ、女装した男性、薬物中毒者など、新宿歌舞伎町を中心に撮影した作品がおさめられた写真集『口笛』。写真家、星玄人が、この作品を通じて、何を表現したのか?インタビューを敢行した。
VICE Japan
9.26.18
Photo

既視感あふれる精神病院の写真

写真の親近感、分け隔てないまなざし、それでいて、あからさまなノスタルジーに溺れることはない。彼は、地元住民の精神疾患、というテーマを淡々と切り撮り、オーディエンスを惹き込む。個人的に感情移入できないアートに、意味なんてないのだ。写真家としての生活、そして精神科病院での仕事は、彼にとってどのような体験だったのだろうか。
Austin Collings
5.2.18
Photo

〈ラブホテル〉から〈オカルト〉へ ! 虚構とユーモアが融合する写真表現 02

宇宙人やUFOといったオカルトとは異なる〈オカルト〉を、表現しているTAKAMURADAISUKE。散歩の果てに出会った、世にも奇妙な現象や物体は、みるものをどう感化するのか。そこに、〈笑い〉は生まれるのだろうか。
VICE Japan
5.1.18
Photo

〈ラブホテル〉から〈オカルト〉へ ! 虚構とユーモアが融合する写真表現 01

写真でユーモアは表現できるのか?写真が持つ虚構性に惹かれ、エンターテイメント性をプラスした写真表現を実現するために、選んだテーマは〈ラブホテル〉、そして〈オカルト〉。TAKAMURADAISUKEの写真表現の根幹は、どこにあるのだろうか。
VICE Japan
4.30.18
Photo

『裸のランチ』の街で漁港ランチ

古看板を組み合わせたその場しのぎの屋根の下に、プラスチック製のピクニック・テーブルが並ぶこの場所で、ヒレと骨のある生き物は、みんなフライにされてしまう。余計なサービスはない。トレイに盛り付けられたフライにはレモンが添えられている。付け合わせは、ビーツと生タマネギを使ったペースト状のサラダだ。
Florian Domergue
3.29.18
0109