フォークミュージック

  • 若者を魅了する絶滅寸前の音楽

    スマトラ島海岸沿いの田舎から出てきた中年オヤジが演奏する、絶滅寸前の音楽がたくさんの若者を魅了している。耳にこびりつくようなメロディ、クラシカルなフィンガー・ピッキング。そのスタイルは、南ランプンの伝統的な〈スグタ(segeta)〉と呼ばれるストーリー・テリングの手法にのっとっている。

  • 巨体から生まれた美声 伝説のハワイアンシンガー

    1997年6月26日の朝、オアフ島からニイハウ島まで、全てのハワイ諸島をあるニュースが駆け巡った。イズラエル〈イズ〉カマカヴィヴォオレの訃報だ。38歳の巨体シンガーの笑顔は、その日の『ホノルル・スター』紙のトップを飾った。身長約190センチ、死亡時の体重は400キロを超えていたともされ、生前は本人も「長生きはしないだろう」と悟っていた。

  • ジャンデックも愛するヘザー・リー アパラチアン魂と即興ノイズ

    ウェスト・ヴァージニア州出身でテキサス州育ち、今はイギリス・グラスゴーを拠点としているミュージシャン、ヘザー・リー。伝説のジャンデックからも寵愛を受ける彼女は、ペダル・スティール・ギターを用い、美しい歌声と即興ノイズを同時に操るアンダーグラウンド界の女神である。

Advertisement