グラフィティ

Art

〈GOLD or JUST A STONE〉01.アートで揺さぶる視点と伝染ーBIENー

2019年4月19日にリリースした『EXTRA VICE』。移りゆく社会に呼応するように、新たな価値観で生きるユースフルなマインドを持つ人々は、何を感じ、何を表現するのか?ここでは『EXTRA VICE』から、ドローイングを中心としたアートを手がけるBIENの作品とインタビューをお送りする。新たな〈線〉は、受け手にどのような変化をもたらすのか?
Yuichi Abiko
4.27.19
Art

63歳から93歳までのグラフィティ・クルー

定年を迎え、退職した個性豊かな面々が揃う〈Graffiti Grandmas〉は、ポルトガルの最年長グラフィティ・クルー。メンバーたちは、非営利団体〈LATA 65〉が開催する、グラフィティ、ストリートアートのワークショップを受講している。主催者と60歳前後のクルー3人に話を訊いた。
Sami Emory
5.6.18
Art

先入観への挑戦 暴力と戦うコロンビアの女性グラフィティ・アーティスト

2016年11月、コロンビア政府とコロンビア革命軍(FARC)が和平合意に至り、50年以上続いた内戦に終止符が打たれた。内戦では、20万人以上の命が奪われ、700万人近くが住む場所を追われた。それから1年が過ぎ、女性たちは、自らの役割を奪い返すために、ストリートでグラフィティをツールに、ジェンダー問題、人種問題、性暴力などを助長する先入観に挑んでいる。
Alice Rowsome
2.6.18
Photo

失われゆくロンドンの光景

ロンドンは、現在、高級化と均質化が進み、街は取り返しのつかないほど大きく変容している。そんななか、Lurkersと呼ばれるアーティスト集団が、街の変貌や閑散としてグラフィティで埋め尽くされたアングラな場所に焦点を当て、写真を撮り続けた。彼らが今ロンドンを表現する意図、そしてグラフィティについても語る。
VICE Japan
3.29.17
Art

抗争の末に開悟したグラフィティ・ライター SKUFF YKK

法による処罰や次第に大きくなった非難から、90年代のニューヨークのグラフィティシーンは、地下鉄からストリートへと場を移した。しかしライターたちにとって、それは大した問題ではなかった。適者生存。SKUF YKKは、この時代を代表する大物ライターである。
Ray Mock
2.3.17
Art

異文化と伝統が形づくる バンコクのグラフィティシーン

アジア諸国のシーンと同じく、タイのグラフィティシーンも生まれたばかりだ。しかし、ここにはとても独特なルーツがある。その始まりの一端は、大学間の縄張り争いだ。各大学がスプレーペイントで縄張りを主張していたそうだ。
Ray Mock
10.5.16
lifestyle

Epicly Later'd ネックフェイス(Neckface)

Epicly Later’d、第7回目はネックフェイス(Neckface) が登場。スケートシーンとの強い結びつきを持つ、グラフィティ・アーティストの、インスピレーションソースや育った家庭環境へのインタビューを行いつつ、そのクソみたいで愉快な問題児のパーソナリティーに迫る。
VICE Japan
7.20.16
Art

カイロのゲトーを彩るエル・シードのカリグラフィティ

チュニジア系フランス人アーティスト、エル・シードは、自ら「カリグラフィティ」と称す、希望を謳うストリート・アートで知られている。これまでにもリオデジャネイロのファベーラから、ケープタウンのシャンティ・タウンまで、あらゆる街を塗りつぶしてきた。彼は、このプロジェクトがザバリーンに対する偏見を打ち壊し、「誤った考えをいっ掃」するのを望んでいる。
Marina Garcia-Vasquez
5.6.16
Art

バッファローNYの厳しい自然と廃墟が生んだグラフィティライター

NY バッファロー出身のATAK BFは、独自のスタイル、コンスタントな作品発表、真摯な創作姿勢で尊敬を集めるグラフィティライター。新しいジン『Northern Boundary』では、滅多にお目にかかる機会のない厳しい環境下での創作の模様も公表している。
Ray Mock
4.12.16
Art

アメリカン・ストリートアートが変える渋谷の風景

ニコニコと意気揚々と輝くビルボードがひしめきあうこの渋谷という街は、彼にとってどのように映り、どんなアートを残したのか?
Noriyuki Toyama
3.15.16
Art

新たなストリートアート サインペイントが変える街の風景

アメリカンクラシックなスタイルの、サインペイントを得意とするブライアン・パトリック・トッドが、渋谷の街に描くアートとは? 街の風景を大きく変えるだろう、このプロジェクトは、道行く人々に失われつつある街の魅力を想起させる。
Noriyuki Toyama
3.1.16
Art

聖なる呪詛 中世教会に遺されたグラフィティ

中世教会の壁や座席には、おまじない、祈り、呪詛、守護呪文と思しきグラフィティが刻み込まれている。刻み込んだのは、主に信徒だが、教会によって刻まれたグラフィティもところどころに遺っていた。
Gabriela Herstik
2.16.16
0102